★谷内俊文 写真展



DESERTED
「人の住めない場所 ~福島原発20キロ圏内の記録~」

2014年3月15日(土)~3月23日(日)
3月16日(日)16:00~谷内俊文トークショー


事故後3年が経ち、東京はオリンピック開催決定で浮かれる中、
風化していく街がある。
まるで汚染された『2011年3月の標本箱』のような。

img-217155731_convert_20140217160117.jpg


3・11』は、私たちに大きな問題をなげかけました。
日本人の生き方、防災、人との絆、そして原発。
どれも大きな問題ですが、
それに対し、社会にながされることなく自分自身で答えを探していかなければなりません。
この写真展が、皆さんのこれからの生き方の道しるべになることを願っております。
経王寺 互井観章


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★谷内俊文/トニータニウチ Profile
北海道旭川出身。実家は、創業100 年の歴史を持つ旭川の老舗写真館。
東京工芸大学工学部写真工学科卒業。
大学卒業後、ヨーロッパ、中国、東南アジアなど世界各地を放浪。
帰国後、雑誌を中心にフリーランスのカメラマンとして仕事を始め、現在ファッション、ポートレイト、車、建築、風景写真などの幅広い分野で活躍している。
2006 年ドイツ・ライカ社のカレンダーのワンシーンに、生まれ故郷の北海道を撮った作品が選ばれている。

【受賞歴】
2010 IPA International Photography Award の「People」と「Culture」の両カテゴリーにおいて Honorable mention 受賞
2011 Prix de la photographie paris の「Family」カテゴリーにおいて Honorable mention 受賞

【写真展】
1999年 恵比寿Milk て「Tokyo Girl」を開催
2005年 銀座Leicaギャラリーにてグループ展(他3アーティスト)開催
2006年 ドイツSolms ライカ本社ギャラリーにて「Polarization」1ヶ月開催
2008年 大阪カメラのナニワ心斎橋本店にて個展及びセミナー開催
2010年 新潟ゲットムーギャラリーにて「Lineage」開催
2011年 横浜ギャラリーにて非ワークスにて「Lionage」開催
2012年 札幌HACHAM ART COMPLEX -Lineage
2014年 札幌資料館をARTするプロジェクト -deserted
2014年 共同通信社 -deserted

トニータニウチオフィス
tonygogo@hotmail.com
www.tony-gogo.com
「谷内俊文を支援する会」
www.facebook.com/support.tony2012

★宮角孝雄 写真展

【ありがとうございました。このイベントは終了いたしました】

GROUND+ZERO+繧ェ繝「繝・convert_20110803133316

宮角孝雄 写真展
『GROUND ZERO 希望の神話』  <入場無料>
平成23年9月16日(金)~26日(月) 午前9時から午後7時まで

宮角孝雄 プロフィール
広島県庄原市生まれ。
広島県立庄原格致高校・日本大学卒業。
ファッションカメラマン吉田大朋氏に師事。
雑誌やコマーシャルフォトを手掛ける。
石井竜也氏プロデュースのグラウンドエンジェルに写真で参加。
ジャズギタリスト『ジョー・パス』写真集出版。
エコール・ド・プロトコール・モナコ写真講師。
社団法人日本広告写真家協会会員。

パブロ個展

【3月11日に発生した地震の影響のため、中止することにいたしました。】
余震の心配や交通機関の乱れ、計画停電の実施などのため、なにとぞご理解をいただけますようお願い申し上げます。

****************************************************************************************
パブロ ポサダ ペルニコフ(PABLO POSADA PERNIKOFF)個展
Five Elements Five Senses,
「五大五感」

同時開催 サラウンド音楽「地・水・火・風・空」(上畑正和)
平成23年3月17日(木)~3月27日(日)
10:00~19:00(入場無料)

*****************************************************************************************
「五大」「五感」というものが古来から現在に至るまで存在しています。五大とは、地・水・火・風・空のことをいい、あらゆる事象を構成するすべての要素です。五感とは、生物が持つインターフェースであり、五大と交信するためのものだと考えられます。
今回、私たちは「五大五感」とタイトルを決め、個人的な解釈においてガラス・金属・音などの素材を用いて作品を作りました。経王寺という場所で、私たち「五大五感」の空間を感じていただけることを願います。

パブロ ポサダ ペルニコフ(PABLO POSADA PERNIKOFF)
Glass sclupture,relief on paper,metal,gold
1964年スペイン生まれ、パリとボコダで育つ。フランス・コロンビアの市民権を持つ。
コロンビアとカナダで工学と数学を勉強したあとイタリアへ渡り、デザインと美術をイタリアのミラノでん勉強。
1990年に文部省の招待により、大阪・京都・東京の美術研究のため来日。1998年に東京芸術大学で博士号を取得。

個展の過去のお知らせは こちらからご覧ください。

個展の過去のお知らせは
こちらからご覧ください。
face book
カテゴリ
最新記事
プロフィール

Author:happiness kansho
世界の人々をにこにこにするためにハピネス観章が今日もいきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
bnr_anime.jpg
bnr_tokyobouzu.jpg